ブログ

もう決めた?マイナポイント

 Go toキャンペーンの陰で、あまり話題に上らないと感じるのが、「マイナポイント」事業です。こちらは7月から始まっている国の施策で、マイナンバーカードを持っている人が、予約・申込をした上で、チャージや買い物をすると、お好きなポイントが最大で5,000円分もらえるというサービスです。

 例えば、JR東日本のICカード、Suicaに申込みをした場合、9月以降にSuicaに2万円をチャージすると、国から5,000円分のポイントがもらえて、さらに1,000円分のSuica独自の上乗せポイントも付与されるため、合計で2万6,000円分のチャージをしたのと同じ効果が得られる、といった具合です。(この上乗せポイントの有無や額は各社で異なるため、どこに申し込むかを検討する際、比較が必要です。)

 マイナンバーカードを作ろうと思いながら、まだお持ちでないという方は、これを機会に申請するのも良いと思います。横浜市のWEBサイトによると、マイナンバーカードの令和2年5月の申請数が通常期の5倍以上(昨年度月平均値比)と急増したことにより、現在、手続きには少し時間がかかるとのことです。

 また、これに伴い、先月、横浜駅西口から徒歩約3分のところに、平日の夜間や土日でもマイナンバーカードの申請ができる、「横浜市マイナンバーカード臨時申請窓口」もオープンしました。こちらの臨時申請窓口では、申請に必要な顔写真の撮影を無料でしてもらえるほか、出来上がったカードは後日郵送してくれるそうです。

 こうしてマイナンバーカードを取得できたら、次はマイナポイントの予約をします。報道によると、国はマイナポイント事業に2,000億円の予算を組んでいるため、この予算額を5,000円で割った先着4,000万人が、マイナポイントをもらえる対象だと考えられるそうです。そのため、万が一予約者数が上限に達した場合に締め切られることのないように、せっかくですからマイナポイントの予約も早めに済ませておきたいところです。予約はネットで行うか、マイナポイント手続きスポット(市町村役場や郵便局、コンビニ、携帯ショップなど)にて行うことができます。区役所ではマイナポイントの支援ブースをよく見かけますので、よく分からないという方は教えてもらうとよいでしょう。

 そして、予約が済んだら、あとはお好きなキャッシュレス決済サービス(ICカード、QRコード決済、クレジットカード等)に申込みをして、9月以降に、申し込んだサービスでチャージか買い物をします。上乗せポイントの比較で迷うところはありますが、基本的には普段使う機会の多い、既存のサービスに申し込むのが良いのではないでしょうか。

 そういえば、前述のSuicaですが、今回のマイナポイントとは関係なく、そもそもSuicaはポイント登録をしておくと、クレジット機能がない普通のカードであっても、買い物はもちろん、鉄道の乗車でもポイントを貯めることができ、そのポイントは1ポイント1円としてSuicaにチャージすることが出来ることはあまり知られていないようです。昨今の世情から、個人的には紙幣や硬貨の受け渡しよりもキャッシュレス決済の気流に乗りたい今、出来るだけお得に、賢く、便利な方法を日々模索しているところです。

Follow me!

PAGE TOP