お役立ち情報

遺産相続

プリメーラ司法書士事務所 横浜市磯子区

相続手続きを簡単・便利に。法定相続情報証明制度のご案内

 最近、ご好評をいただいているのが「法定相続情報証明制度」というものです。こちらは平成29年から始まった、相続手続きを簡単・便利にするための国の制度で、相続手続きにおいて必ずしも必要なものではありませんが、作成しておくと、土地・建物の名義変更手続きに限らず、銀行などの各種相続手続きにおいても活用することができるため、遺産が複数種類ある方にとっては大変メリットのある制度です。

 一般に、身内の方が亡くなられると、ご遺族はあちらこちらで不慣れな相続手続きを迫られる場面に遭遇します。例えば、亡くなられた方が銀行口座を複数お持ちであった場合には、それぞれの銀行で相続手続きをしなければ、口座名義人の死亡の事実を銀行側が知った時から、その口座は止まったままとなります。また銀行以外でも、例えば、亡くなられた方が加入していた生命保険を請求しようとしても、内容によっては相続関係を明らかにする書類を提出しなければ、保険がおりないこともあります。

 一連の相続手続きにおいて必要とされる、「相続関係を明らかにする書類」とは、具体的には亡くなられた方の戸籍のことをいいます。それも、1通ではなく、基本的には亡くなられた方が、生まれてから亡くなるまでの一生分の連続した戸籍を集める必要があります。なぜなら、一生分の連続した戸籍を見れば、その方の人生における戸籍上の関係者を全員洗い出すことができ、ひいては亡くなられた方の相続人が誰なのかを明らかにすることができるからです。よって、もしも、亡くなられた方が生前、引越しのたびに本籍地を変更していた方であれば、その方の過去のすべての本籍地から戸籍を取り寄せなければなりません。

 こうして苦労して集めた一生分の戸籍は、時には10通を超えることもあります。そして、その戸籍の束を、亡くなられた方の遺産の内容によっては、銀行からも、保険会社からも、郵便局からも、税務署からも、法務局からも提出してくださいと言われるのが、現在行われている相続手続きです。このことが大きな負担となって、これまで相続手続きが遅々として進まない要因の一つだと考えられてきました。そこで、こうした相続人の方の負担を少しでも軽減するために誕生したのが、「法定相続情報証明制度」です。以下、この制度を利用するにあたっての手続きの流れを簡単にご紹介いたします。

(1)まず、亡くなられた方の一生分の連続した戸籍をすべて集めます。

(2)集めた戸籍の内容を読み解き、家系図のような一覧形式で紙にまとめて、戸籍と一緒に管轄の法務局に提出します。

(3)法務局は、提出されたすべての戸籍と照らし合わせ、亡くなられた方の相続関係が、作成された一覧図のとおりであると認証し、偽造防止措置が施された専用の用紙に印刷して発行します。(1度に複数枚の発行が可能です。)

 この法務局から発行された用紙は「法定相続情報一覧図」と呼ばれ、大抵は1枚の紙ですが、各種相続手続きにおいて、亡くなられた方の戸籍の束一式と同等のものとして扱うことができます。相続人の方は、遺産の内容に応じて、例えば、故人の銀行口座が2つ見つかったのなら2枚というように、必要な数だけ法定相続情報一覧図を法務局から発行してもらい、それを戸籍の代わりとして各銀行に1枚ずつ提出してお使いになることができます。なお、こちらの制度はあくまで代替手段です。従来通り、戸籍の束をそれぞれの銀行に提出する方法でも構いません。

 プリメーラ司法書士事務所では、これまで不動産の名義変更と同時に法定相続情報一覧図の作成をお申込みいただくことが多かったのですが、今後は、法定相続情報一覧図の作成だけのご依頼も積極的にお引き受けし、相続人の方に代わって、必要な戸籍を迅速かつ正確に集め、みなさまの相続手続きが円滑に進むようお力になりたいと考えています。

PAGE TOP