人生100年時代に安心して暮らせるように、成年後見、相続、遺言作成支援などの終活にかかわるサポートに強み。公益社団法人成年後見センター・リーガルサポートの会員。終活カウンセラーとしても活動している横浜市磯子区の司法書士。

成年後見制度の手続きの流れ

成年後見制度の手続きの流れ

 

申立てから法定後見の開始までの期間は、概ね4ヶ月以内となっています。(個々の事案により異なります。)
 

申立ての準備・申立て
申立人は、申立てに必要な書類を準備し、家庭裁判所に提出します。
受理面接など
申立てを受けた家庭裁判所は、申立人やご本人、後見人等の候補者などから事情を聞きます。また、ご本人の親族に意向を聞くこともあります。
鑑定
ご本人の判断能力について慎重に判断するため、申立て時に提出した診断書とは別に、医師による鑑定が行われることがあります。
鑑定期間は通常1~2ヶ月程度です。別途、鑑定費用が必要となります。
後見(保佐・補助)開始の審理・審判
家庭裁判所は、ご本人について後見等を開始する必要があるか、誰を後見人等に選任すべきかを判断し、審判をします。
審理期間は通常1~2ヶ月程度です。事案によって異なります。
審判の確定
審判書が後見人等に届いてから2週間以内に不服申立てがされない場合には、後見(保佐・補助)開始の審判の法的な効力が確定します。
登記
家庭裁判所から法務局に対し、審判内容の登記が依頼されます。
成年後見人(保佐人・補助人)の仕事を行うにあたっては、この登記事項証明書が必要となる場合があります。

 

次へ

お気軽にお問い合わせください TEL 045-374-3295 メールは24時間365日受け付けております

PAGETOP
Copyright © プリメーラ司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.